忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

宮前桜プロジェクト 加工した素材を展示

 2022年07月02日 
 尾崎の赤穂八幡宮向かいで3年前に道路拡幅工事で伐採された樹齢40年弱のソメイヨシノを地元ものづくり作家に提供してチャリティアート展への出品を募集する「宮前桜プロジェクト」に向け、作品に変わる前の素材の一部が尾崎公民館で7月4日(月)から披露される。

チャリティアート展に向けてさまざまな形状やサイズに加工された宮前桜


 樹皮を残して板状に切断した幹、縦割りや輪切りの枝、短くカットしたスティックなど大小約40点。伐採後のソメイヨシノを約3年かけて保存処理した木工業の茶谷誠さん(44)=御崎=が加工した。顔を近づけると、まるで桜餅のような香りが感じられる。

 「ソメイヨシノ本来の木目や色彩の『表情』を間近で見て感じてほしい」と茶谷さん。「普段目にする立木とは違った視点で見てもらえることは木の素材を扱う者としてうれしい」と話し、木が水を吸い上げる道管の様子がわかる断面や細かんなで削った樹皮も並べる。

 茶谷さんはこれらの木材をチャリティアート展へ賛同する人にのみ提供する。これまでに木工を中心に5人の作家が参加を申し出ており、引き続き募集している。

 1階ロビーで土日祝を除く午前9時〜午後5時。1か月程度展示予定。チャリティアート展に関する問い合わせはTEL090・3052・1259(茶谷さん)。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】撤去伐採の宮前桜「新しい生命を」


掲載紙面(PDF):
2022年7月2日号(2468号) 4面 (8,006,827byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合