忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

松年『富士牧狩図』も 未公開収蔵品展

 2022年06月11日 
 赤穂ゆかりの芸術作家や地元に関連のある作品を収集している御崎の赤穂市立美術工芸館で、入手して以降展示したことのなかった品を紹介する企画展「未公開収蔵作品展」が開かれている。

田淵記念館で未公開だった収蔵品を展示している企画展


 赤穂雲火焼を創出した陶工の大嶋黄谷、明治期の京都画壇で活躍した日本画家の鈴木松年、「赤穂ルネッサンスの父」と呼ばれる洋画家の林鶴雄などの作品36点が並ぶ。

 黄谷の蓋置は小品ながら第1回内国勧業博覧会で授与された菊花文褒賞をかたどった印がある。女流画家・上村松園の師としても知られる松年の『富士牧狩図』は源頼朝の「富士の巻狩り」を題材に描いた力作。林の『パリ・ベルヴィユ街』『イスに座る少女』など4点は、いずれも没後に遺族から寄贈された。

 黄谷に師事した前賀蓼城、松年の父の鈴木百年の門弟だった今尾景年、さらに景年に師事した坂越出身の平井正年、幕末期に活躍した絵師の長安周得(本名義信)と孫の雅山、版画家の小畑勉などの作品も展示。作者は未詳だが、忠臣蔵の図柄の伊万里焼茶碗と九谷焼盃洗、赤穂緞通といった地元に関連のある美術工芸品も紹介している。

 8月1日(月)まで午前9時〜午後5時。火曜休館。入館料200円(小中学生100円)。TEL42・0520。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月11日号(2465号) 4面 (12,599,577byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合