忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史ボランティア
  3. 記事詳細

宮前桜でチャリティアート展 賛同作家募集

 2022年06月03日 
 尾崎の赤穂八幡宮向かいで3年前に道路拡幅工事で伐採された樹齢40年弱のソメイヨシノを木工品に再生する「宮前桜プロジェクト」で、発起人の茶谷誠さん(44)=御崎=が取り組みに賛同するものづくり作家を募っている。

加工に適した含水率になりサンプル製材された宮前桜


 宮前桜は神社向かいの宮前児童遊園に1982年ごろに3本植えられ、地元住民や道行く人たちに親しまれた。市道整備に伴い、2019年7月にうち2本が撤去され、市内で木工会社を営む茶谷さんが「慣れ親しまれた桜が処分されてしまうのは惜しい」と伐採、切断された大小40本ほどの幹を引き取った。

 茶谷さんは大津の作業場でこれらの幹を1年間水中保存してから2年間の自然乾燥。このほど一部の細い幹で含水率をチェックしたところ、加工に適するとされる15%程度まで下がったことがわかった。サンプルとして製材すると、様々な木目や濃淡が入り交じっており、「ビンテージ風のおもしろい木材として活用できそう」だという。

 さらに乾燥が進めば、太い幹も加工に適した状態になると見込まれる。茶谷さんは、乾燥済みの木材を地元のものづくり作家に無償で提供する予定。作家らが制作した作品を集めてチャリティアート展を開き、収益を地域活性化に役立てたいと考えている。

 「いろんな大きさや厚み、木目の木材を用意できると思う。作家さんと相談した上で素材を提供したいので、興味のある人は連絡してほしい」と話している。問い合わせはメールinfo@hitoka.net(一嘉彩工・ひとかさいこう)。TEL46・1700。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月4日号(2464号) 4面 (9,638,423byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合