忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

橋本和歌子さんが空手道の県選手権V5 坂越中は初の全国へ

 2022年06月03日 
 空手道の第55回兵庫県選手権大会(5月15日、県立武道館)で、中浜町の橋本和歌子さん(51)が女子4部組手(50〜54歳)で連覇。また、中学生男子団体組手では坂越が準優勝し、いずれも全国大会出場を決めた。

 橋本さんは日々の稽古で磨いた得意の突きで対戦相手を圧倒。1ポイントも失わずに完封勝利を重ねて頂点に立った。同大会の優勝は3部(45〜49歳)を含めて通算5度目。日本スポーツマスターズ(9月23〜25日、岩手県盛岡市)に出場する。

 昨年はコロナ下で全国大会が中止。橋本さんは「コートの中を自由に動き回って技を決めたい」と2年分の思いを今年の大会にぶつけるつもりだ。

空手道の兵庫県選手権で通算5度目の優勝を果たした橋本和歌子さん


 坂越中は▽先鋒=三村泰生君(3年)▽中堅=籔下夢翔君(3年)▽大将=籔下大夢君(1年)の3人でエントリー。準決勝までの3試合は先鋒と中堅が連勝して決勝に駒を進めた。決勝は惜しくも1ー2で敗れたが、2位までに与えられる全国中学生空手道選手権大会(8月26〜28日、鹿児島県薩摩川内市)への出場権を得た。

 関係者によると、赤穂市内からの全国大会出場は初めて。県大会で負けなしだった籔下夢翔君は「一試合一試合着実に勝って優勝を目指したい」と抱負を語った。

赤穂初の全国大会出場を決めた坂越中の=左から=三村泰生君、籔下大夢君、籔下夢翔君



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月4日号(2464号) 4面 (9,638,423byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報(08/14)
  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報様(08/14)
  • 重症化リスク低い2〜59歳の有症状者に抗原検査キット←市民(08/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合