忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

赤穂署管内の人身事故 9割以上は交差点がらみ

 2022年04月05日 
「春の全国交通安全運動」に先だって行われた街頭キャンペーン
 4月6日から始まる「春の全国交通安全運動」を前に5日、赤穂市と警察などが合同で街頭キャンペーンを実施。中広のイオン赤穂店で来店客らに啓発グッズを配布した。

 赤穂交通安全協会(前田邦稔会長)の会員と署員など約30人が参加。観光マスコット「陣たくん」も加わり、交通安全をアピールした。

 赤穂署のまとめでは、今年に入ってから2月末までに管内で発生した交通事故は170件(人身事故16件、物件事故154件)で前年同期比で2件増。人身事故は1件を除き、いずれも交差点や交差点付近で起きたという。

 「前方不注視が原因の事故が多発しているので、わき見せず運転に集中してほしい」と同署。堀井昭彦署長は「行政や警察だけでは事故はなくならない。事故防止に協力を」と交通安全意識の徹底を呼び掛けた。

 「春の全国交通安全運動」は▽子供を始めとする歩行者の安全確保▽歩行者保護や飲酒運転根絶等の安全運転意識の向上▽自転車の交通ルール遵守の徹底と安全確保ーを全国重点に15日(金)まで行われる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年4月9日号(2458号) 1面 (5,753,347byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←匿名(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合