忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・循環する学び〜人生100年時代を生き抜くために〜

 2022年01月29日 
 最近、「人生100年時代」という言葉がよく話題にのぼります。

 「人生100年時代」を豊かなものにするには、自分の人生をどのように設計するかということが重要な課題になります。

 長い期間、生き生きと働き続けるには、新たな考え方やスキルを体得していく「学び」が欠かせません。そこで注目されているのがリカレント教育です。「リカレント(recurrent)」とは、「循環する」という意味で、リカレント教育とは、学校を卒業して社会に出た後も、その人の必要なタイミングで再び教育を受け、仕事と教育を繰り返すことです。「学び直し」という言い方もされますが、社会人になってから自分の仕事に関する専門的な知識やスキルをアップデートするといった方が分かりやすいでしょう。

 これまでの私たちの生き方は、10代後半あるいは20代はじめまでの間に学校で勉強し、卒業した後、就職し、ある程度の年齢になったら退職し、リタイヤ後の生活を送るというスタイルでした。しかし、社会が目まぐるしく変化する今日、若い頃に学んだ知識だけでは通用しなくなっており、仕事で求められる知識やスキルを、時代の変化にあわせて継続的にアップデートすることが求められています。

 そのような新しい知識やスキルを身に付ける手段として、リカレント教育の重要性が議論されるのは当然のことのように思います。日本としては、文部科学省だけでなく、厚生労働省や経済産業省が連携して、リカレント教育を推進しようとしています。

 現在では、これまでの人生を一方方向に捉えるライフサイクルとは異なり、社会に出た後に会社をいったん辞めて留学する、働きながら大学院に通う、転職や起業で新たな仕事を始める、子育てをしながら働く、定年後も新たな仕事に挑戦するなど、これからの生き方として、教育と労働を循環させることでキャリアアップ、キャリアチェンジしていくスタイルに変わりつつあります。

 今後、リカレント教育はますます浸透していくと考えられます。こうした学び方は、生き方や働き方の選択肢を増やし、人生の幅を広げることにもつながるでしょう。もし、あなたが100歳まで生きるとしたら、どのような人生を考えますか。(教育学部保健教育学科講師・猿山隆子)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年1月29日号(2448号) 3面 (7,614,935byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「目指すは金賞」マーチングバンド全国大会へ←同級生(12/02)
  • 「まるで光の国」赤穂小で一夜限りのライトアップ←N(11/28)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合