忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・スクリーンタイムを上手にコントロールしよう

 2021年11月12日 
 座っている状態やもたれかかっている、横になっているなどエネルギー消費量が極めて低い状態を座位行動と言います。ウィズ・コロナの時代となった今、この座位行動の時間がこれまで以上に長くなっている方も多くいるのではないでしょうか。

 今回は、特に子供における座位行動とスクリーンタイム(テレビやスマホ・タブレットなどの画面を眺めている時間)について取り上げます。

 スポーツ庁(2019)は令和元年度の「体力・運動能力、生活習慣等調査」において、子供たちのスクリーンタイムが平成30年度に比べて増加しており、特に、小・中学生の男子が長時間化していることを報告しています。

 さらに、笹川スポーツ財団(2019)は、余暇時間が長い休日は平日よりスマホやテレビなどのメディア利用時間が長くなることを報告しています。こういった現状は日本国内だけで起こっているかというと、そうではありません。近年の子供・青少年のスクリーンタイム時間の増加は、国際的に問題視されています。

 WHO(2020)は子供・青少年(5―17歳)の座りすぎについて、肥満の増加や心血管代謝の悪化、体力の低下といった身体的な健康面だけでなく、向社会的な行動の低下や睡眠時間の減少といった悪影響を及ぼすことを示しています。こういったこともあり、「座りっぱなしの時間、特に余暇時間におけるスクリーンタイムを減らす必要がある」としています。

 一方、メディアが提供する様々なコンテンツは多くの人に興味関心がもってもらえるように多くの工夫がなされているため、子供が魅了されるのも無理はありません。

 しかし、だからこそ大人は子供の環境を整えていく役割があるといえるでしょう。面白いものが溢れているからこそ、効果的に活用できる場面を考えてみる必要があります。屋内で過ごす時間が増すこの時期、適切な頻度・時間での利用ができるように、ご家庭で話し合ってみてはいかがでしょうか。(教育学部保健教育学科講師・川勝佐希)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年11月13日号(2438号) 3面 (10,791,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←jitoさん(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合