忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第31話「東海山の観音様」(上)

 2021年11月11日 
切り絵=村杉創夢
 
 「さあ、また浜(塩田)の仕事がしんどなるど」

 三崎新浜村(現在の御崎)の庄屋をつとめる安左衛門さんは、梅雨明けの庭に立って、入道雲をながめながらいいました。三崎新浜村は、安左衛門さんが高砂や姫路から、塩つくりの上手な人たちを引き連れてつくった村でした。

 安左衛門さんが入道雲をながめていると、その雲がだんだん仏様の姿にみえてきました。

 「ああ、昨夜の夢にでてきた仏様に、よう似た雲やなあ」

 安左衛門さんは、二、三日前から毎晩、仏様の夢をみていました。昨夜は、仏様が波の上に立っている夢でした。

 「こりゃあ何かあるど。一ぺん、海へ行ってようすをみといたほうがええど」

 安左衛門さんは、大塚の海岸まででかけていきました。

 大塚の海は静かで、海岸では漁師が網をほしたり、つくろったりしていました。庄屋さんの姿がみえると、あちこちから大声であいさつがありました。安左衛門さんは、ニコニコと笑いながら

 「よう精がでますなあ。景気はどないやあ」

と、話しかけました。そして

 「実はなあ、このあいだから海で仏様に逢うた夢ばっかりみるんじゃが、何か変わったことはなかったかな」

と聞きました。しばらくして、一人の漁師が、

 「おら、このあいだ、この沖で釣をしていたとき、海の底で何かピカピカ光るものをみたぞな」

と、答えました。

 「そりゃあどうもおかしい。ひょっとしたら仏様が沈んどるかもしれんな。どうじゃ、みんなで網をひいてみてくださらんか。お礼は塩十俵でどうじゃろな」

 「礼なんかどっちでもええがな。とにかく網をひいてみまっさ。なあみんな」

 頭をつとめる漁師は、安左衛門さんの頼みを引きうけました。(つづく)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年11月13日号(2438号) 2面 (10,791,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←jitoさん(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合