忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第34話「竹筒で塩を作る人を見た」

 2022年03月19日 
切り絵・村杉創夢
 昔、むかしのある夏の暑い日のことです。丸山から御崎の沖で漁師が魚を釣っていると、陸の方で何かざわざわと音が聞こえてきました。

 そこは「猪壺谷」という小さな谷間の平地で、たくさんの男や女、子供たちが、竹筒のようなもので海水を汲んで、これをリレーのように手わたして、奥の谷間に送っていました。

 「ありゃあ、一体、何しよんやろ」

 漁師は不思議に思いながら見ていました。あまりにもたくさんの竹筒が運ばれるので、だんだんうすきみ悪くなりましたが、野次馬根性も手伝って、舟を岩かげに入れて、丘の上へ登り、その人たちのしぐさをのぞいてみました。

 すると彼らは、猪壺谷の谷間の平地に、ちょうどお墓の竹の花筒のようなかっこうに切った竹筒に、海水を一杯入れて、すき間もないほど立て並べていました。大人たちは、ぼそぼそと、「海水が満ちたり引いたりするのは、太陽や月の力によるものだ」というような意味の歌をうたいながら、忙しく働いていました。

 漁師はたまりかねて、そこへ出ていき、
 「おまはんら、何しよんどな」
と、聞きました。

 皆だまって顔を見合わせていましたが、一番偉い人らしい老人がやって来て、漁師にていねいに挨拶して、

 「私らは、ここで塩を作らしてもろとります。こうして何日か日に干しますと、竹筒の中に氷砂糖のようなシオコリができます。これは、私らの仲間の非常用の塩で、できあがった塩は、国中の仲間に配給するのです。買うた塩は、包んで持っているうちに溶けて無くなってしまいます。私らは山の中で生活しておりますので、ミチ(塩)の大きな結晶が必要なのです。私が、仲間のミチを作る、『ミチノカミ』です。毎年来ますので、よろしうお願いします」

と、話してくれたそうです。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第二集』・「竹筒で塩を作る人を見た」より)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月19日号(2455号) 2面 (10,554,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合