忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第31話「東海山の観音様」(下)

 2021年11月27日 
切り絵・村杉創夢
 「エンヤサッ、コリャサッ!エンヤサッ、コリャサッ!」

 光るものをみたという海底に網を入れて引き上げていくと、網底に光るものが見えました。

 それは大人の背たけよりも大きな観音さまの立った姿の像でした。あちこちに牡蠣の殻がついていましたが、神々しく光り輝いていました。

 「有難いことじゃ。もったいないことじゃ。これは、この村にさずかったものじゃ。どこかにお祀りせにゃあ」

 安左衛門さんは大そう喜び、観音さまを東海山に造ったお堂に祀りました。

 ある年の冬、岡山の西大寺のお詣りから帰ってきた人が、安左衛門さんを訪ねてきました。

 「旦那はん、西大寺はんの観音さんと、ここの観音さんはそっくりだっせ。姿も、もちものも、よう似とります」

 安左衛門さんは、さっそく西大寺へでかけました。聞いたとおりでした。西大寺のお坊さんは次のように話をしてくれました。

 むかし、この寺には同じ形の観音さまを二体並べてお祀りしていました。ある時、備前の殿様が治りにくい病気にかかられました。そこで、観音さまに「病気が治りますように」と願をかけたのですが、少しも良くなりません。腹を立てた殿様は、「わしの願いをきいてくれない観音さまなど祀る必要はない。捨ててしまえ」と家来に命じ、観音さまは川に投げこまれてしまいました。一体は、川を流れて海に出てしまいましたが、もう一体は、何度捨てても西大寺に帰ってきました。それが、この観音さまです……。

 この話を聞いて、安左衛門さんは納得しました。似ているのも道理、東海山の観音さまは、もとは西大寺の観音さまだったのです。東海山の観音さまは、いまは御崎にはなく、加西市のある人が持ち帰って、祀っているということです。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話』・「東海山の観音さま」より)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年11月27日号(2440号) 3面 (7,545,381byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 教習コース使い自転車交通安全教室←えいちー(06/27)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合