忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第29話「妙道寺の阿弥陀さま」

 2021年08月28日 
切り絵・村杉創夢
 波の静かな、おだやかな日でした。高砂の漁師が坂越の沖で漁をしていると、いつもとちがって、何か重いものが網にかかりました。

 牡蠣の殻でおおわれたものを手にした漁師は、「これは普通のものではない」と、ていねいに殻をとりのぞきました。

 何と、そこには阿弥陀さまの、おだやかな顔があらわれてきました。

 「これは、これはもったいないこっちゃ。わしに祀ってくれということにちがいない。はよう持って帰り、お祀りせにゃ」
と、漁をやめ、高砂に帰ろうと途中まで来ると、舟は坂越の方にぐるっと向きをかえるのです。

 漁師は、力いっぱい高砂の方に向きをかえ、舟をこぐのですが、やっぱり坂越の方に向いてしまい、帰ることができません。

 これまで、こんなことがあったためしがなく、不思議に思った漁師は、
 「これは、舟に積んでいる阿弥陀さまが、高砂に行きたくないんや。坂越に縁があり、ここで祀ってほしいのにちがいない」
と思い、坂越の港に引き返しました。

 そして、坂越の漁師に、
 「是非、この土地に、お祀りして下さい」
と頼むと、坂越の漁師も心よく引き受けたので、高砂の漁師は無事家に帰ることができました。

 今でも背中に牡蠣の殻のついた阿弥陀さまが、妙道寺に祀られていると言われています。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第二集』・「妙道寺の阿弥陀さま」より)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年8月28日号(2429号) 3面 (5,770,893byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←不衛生とは?(12/01)
  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←保護者(11/30)
  • 犯罪抑止へ年末特別警戒 赤穂署で発隊式←ねろ(11/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合