忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「坂越の船祭」祭礼船の劣化防止に海水

 2021年10月31日 
木造和船の乾燥防止のため行われた海水の注入作業
 「坂越の船渡御祭保存会」(原清会長)は10月30日、大避神社の「坂越の船祭」(国指定重要無形民俗文化財)で使用する木造和船の維持管理を行った。

 同祭は毎年10月第2日曜に本宮があり、天幕や五色の吹き流しで装飾した頭人船、神輿船、獅子船など11艘(一部は県指定文化財)の船団が御旅所のある生島へ巡航する。今秋は昨年に続いてコロナ下のため海上巡航は中止となり、和船の出番はなかった。

 一年に一度も海水に浸からなければ船が乾燥して劣化が進むことから、保存会の役員ら十数人が船倉のある生島に漁船で渡り、ポンプで汲み上げた海水を各船内に注入。2〜3週間ほど海水を張った状態にすることで木材を適度に保湿できるという。

 保存会によると、和船への海水注入は昭和天皇の体調不良で祭典を取り止めた1988年に市選定保存技術保持者の船大工だった故湊隆司さんの助言で実施。コロナ下で中止となった昨年にも行った。

 この日は漁協の若手組合員らも協力。祭礼船に舞台や手すりを組み立てる艤装の手順を役員から教わった。同神社の生浪島堯宮司は「祭りの伝統とともに貴重な和船を次世代へ継承していきたい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年11月6日号(2437号) 1面 (6,546,986byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合