忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「断つ会」が暴力団情勢を情報交換

 2021年08月10日 
 飲食、建設、不動産など各業界の企業や商店が暴力排除にスクラムを組む「暴力団と関係を断つ会」の分会長会が加里屋中洲の赤穂警察署でこのほどあり、暴力団情勢について情報交換を行った。

 警察のまとめでは、暴力団対策法施行前の1991年末時点で全国約9万1000人だった暴力団構成員の人数(準構成員含む)は昨年末には約2万5900人に減少。兵庫県内では3540人から770人に減少している。赤穂市内では2011年以降、組事務所は存在していない。

 会合で藤野高之会長は「兵庫県内では尼崎などで暴力団組員による発砲事件が発生している。赤穂は組事務所はないが、暴力団員は市内に出入りしており、いつ抗争に巻き込まれるかわからない」と警告。今年に入ってから赤穂署管内で振り込め詐欺が10件発生し、被害額が約4400万円に上ることに触れ、「暴力団の資金源になっている」と指摘した。

 また、今年10月に開催予定だった「赤穂市地域安全市民大会」は新型コロナの感染収束が見通せないことから取り止めを決定。同会結成30周年となる来年の記念大会へ向けて準備を進めることで合意した。
<前の記事
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合