忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ子供
  3. 記事詳細

少林寺拳法の全国中学生大会へ2組

 2021年08月04日 
少林寺拳法の全国中学生大会に出場する=女子左から=阿賀心美、松林優有さん、=男子左から=松林旺良、山崎結叶、有吉優人、大崎颯真、今田颯樹、田中宙頼君
 少林寺拳法の第15回全国中学生大会(8月14〜15日、福岡県久留米市)に赤穂スポーツ少年団から女子組演武と男子団体演武の2組が出場する。
 同少年団からの全国大会出場は、コロナ禍で中止となった昨年を除き、第1回から14回連続となる。
 女子組演武の阿賀心美(ここみ)・松林優有(ゆゆ)組=ともに赤穂2年=は小学2年からコンビを組む同級生ペア。コロナ禍で2度延期された7月25日の県大会では「マスク着用、発声なし」という異例の競技ルールの中、力強い動きで優勝を飾った。2年前に小学生部門で出場した全国大会は予選を通過できず、2人は「そのとき見えなかった景色を見たい」と決勝進出を目指す。
 1年から3年まで各学年2人ずつの計6人でチーム編成した男子団体演武は県大会で準優勝。指導する島田洋平さん(45)によれば「まだ仕上がっていないところがある」というが、言い換えれば伸びしろが大きいということ。有吉優人主将=赤穂西3年=は「兵庫県代表として、『さすが』と思われる演武をしたい」と意気込む。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年8月7日号(2427号) 1面 (5,334,492byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合