忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

古新聞でエコバッグ 子ども食堂などで活用

 2021年07月31日 
古新聞エコバッグ作りに取り組んでいるボランティアのみなさん
 赤穂市内の福祉ボランティアグループが古新聞を活用したエコバッグ作りに取り組んでいる。出来上がったバッグは高齢者福祉施設や子ども食堂に寄贈され、喜ばれている。
 古新聞バッグ作りに取り組んでいるのは、高齢者福祉施設訪問ボランティアグループの「ほほえみ会」(山下康子代表)と「土筆会」(松本美恵子代表)。コロナ禍で普段行っている訪問活動が制約される中、「自分たちにできることを」と昨年11月ごろから始めたという。
 有年横尾の原校区コミュニティセンターに月数回集まって作業する。新聞紙を袋状に折りたたみ、棒状に丸めた新聞紙を取っ手にのり付け。きれいな写真が載っている紙面があれば、なるべくその部分が表になるように紙の向きを工夫するなど楽しみながら作っているという。
 高齢者福祉施設では入所者が移動販売車を利用したときの買い物袋に使用。あこう子ども食堂を運営する岩崎由美子さん(56)は「少々重たいものを入れても破れない。とっても丈夫で繰り返し使え、環境にもやさしい」といい、子ども食堂で食材配布などに使用する袋を従来のナイロン袋から古新聞エコバッグに切り替えた。
 山下さんは「誰かの役に立てるのがうれしい。これからも和気あいあいと作ります」と笑顔で話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月31日号(2426号) 1面 (7,567,384byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←不衛生とは?(12/01)
  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←保護者(11/30)
  • 犯罪抑止へ年末特別警戒 赤穂署で発隊式←ねろ(11/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合