忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

市役所で初フードドライブ 食品300キロ分集まる

 2021年09月20日 
フードドライブで集まった食品の一部。福祉施設や困窮世帯などへ無償提供される
 家庭で余っている食料品を集めて福祉施設や困窮世帯などへ無償提供する「フードドライブ」が9月に加里屋の赤穂市役所であり、3日間でインスタント食品や白米、菓子類など計約300キログラム分の寄付があった。

 農林水産省の推計では、いわゆる「食品ロス」(本来食べられるのに捨てられる食品)の国内発生量は年間600万トン(2018年度)。このうち46%は家庭から発生したとされる。一方で相対的貧困率は上昇傾向にあり、フードドライブは「食品ロス」と「空腹の人」の両方を減らす取り組みとして広まりつつある。

 赤穂市役所での開催は今回が初めて。▽未開封▽常温保存可能▽賞味期限まで1か月以上ーなどを対象に1階エントランスホールで受け付けたところ、個人や団体から約60件の寄付があった。一部は緊急を要する世帯にすでに配布されたという。

 「予想以上の協力があり、本当にありがたい。今後も活動の輪を広げていきたい」と主催した市地域活動連絡協議会の岩崎由美子会長。市内事業所からフードドライブを主催したいとの申し出もあったといい、引き続き企業や団体などに開催協力を呼び掛けていく。問い合わせはTel55・9188。

 国は10月を「食品ロス削減月間」として普及・啓発に取り組んでいる。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合