忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

断水時でもトイレを快適に使うには

 2021年10月10日 
災害時に役立つ対応方法を学んだ災害ボランティア養成講座
 災害時に役立つ知識や能力を学ぶ災害ボランティア養成講座が9日、中広の総合福祉会館であり、ロープワークや応急手当などを体験学習した。

 市社会福祉協議会の主催で36人が参加した。「赤穂防災士の会」(金井貴子会長)のメンバーが負傷者の搬送方法や段ボールベッドの組み立てなど5つのワークショップを提供。参加者らはスタンプラリー方式で各プログラムを受講した。

 断水時のトイレ対応を学ぶワークショップでは、洋式便器の中に45リットルポリ袋を二重にセットすることで便器を汚さずに排泄できる方法を体験した。

 東日本大震災の被災者や自治体への調査によると、発災から3時間以内にトイレに行きたくなった人は31%で、9時間以内だと78%に上った。その一方、仮設トイレを3日以内に行き渡らせることができたと回答した自治体は34%にとどまり、1か月以上要した自治体も14%あった。

 ポリ袋の中に市販の凝固剤やペットシートなどを入れれば、袋漏れの心配や臭いを軽減できるという。排泄後は下地の袋を残して便の入った袋のみ取り除き、固く口を結んで回収されるまで衣装ケースのような密閉できる箱に入れておけばよい。再び用を足す前に新しいポリ袋をセットすればトイレを清潔に保つことができる。

 応急手当のコーナーでは、段ボールや傘を添え木とし、レジ袋を三角巾代わりに活用して負傷した手足を保護する方法も学んだ。ゼミ学習の一環で受講した関西福祉大学2年の日信龍二さん(20)は「今まで知らなかった知識が多く、参考になる」と熱心に受講。尾崎の民生委員の高木啓子さんは「段ボールベッドの組み立ては自分にもできそう。必要なときには手伝いたい」と話した。

 金井会長は「きょう学んだことを家族や地域の人たちに伝えてください」と呼び掛けた。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合