忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会イベント
  3. 記事詳細

「まちづくりの機運を」市民グループがフォーラム

 2021年07月27日 
 市民と行政が連携してより良いまちづくりを進める機運を高めようと、市民有志のグループ「楽楽(らら)の会」がこのほど発足。旗揚げイベントとして、8月1日(日)に中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールでフォーラムを開催する。
 市民の参画と協働によるまちづくりが提唱される中、「市民一人ひとりが行動を起こし、新しい考え方や活動を歓迎し、後押しする社会を創ろう」と、趣旨に賛同する主婦や定年退職者などで今年1月に結成。会長や代表は置かず、20〜80代の約20人が「世話人」として活動に取り組む。
 当面の活動として、市の事業について担当課が説明する「早かごセミナー」を活用した学習会を継続的に実施する予定。初事業となるフォーラムは当初1月に開催を予定していたが、コロナ禍で2度延期にになり、ようやく開催の運びとなった。
 「あなたの想いを未来の赤穂へ」と題し、小ホールで午後1時半〜3時半。早かごセミナー「議会運営の基本について」に続き、兵庫県立大学地域創造機構の畑正夫教授が「地方自治と地域づくり〜子どもたちに何を伝えるか〜」をテーマに基調講演する。
 世話人の一人、坂越の門田守弘さん(69)によると、会の名称は「まちづくりを楽しもう」との思いが込められているという。「赤穂の現状を把握し、行政に関心を持つ人を一人でも多く増やしたい」と意気込みを話している。
 参加無料で定員150人を募集(当日受付も可)。Tel090・2594・1480(門田さん)。メールはmm3299@violin.ocn.ne.jp
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福管内で新規感染者1人←市民(09/20)
  • 医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件←赤穂民報(09/20)
  • 野良猫繁殖、多頭飼育崩壊…1か月で100匹超確認←猫好き(09/20)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合