忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

災害廃棄物の優先処理など住友大阪セメントと協定

 2021年07月14日 
赤穂市と住友大阪セメントの包括連携協定締結式
 赤穂市は13日、住友大阪セメントと包括連携協定を結んだ。災害時に発生した廃棄物の処理や復旧に必要な資材供給を市の要請を受けて優先的に取り扱う。
 同市と同社は一昨年、市内で発生した災害廃棄物を同社所有地に一時的に保管する仮置き協力協定を締結。今回の協定により、同社が災害廃棄物を引き取り、セメント製造の原料にリサイクルするほか、石炭の代替燃料として焼却する。また、復旧工事で使用するセメントの供給、橋脚などの被害点検への助言も行う。
 同社によると、これまでに東日本大震災や3年前の西日本豪雨災害などで発生した災害廃棄物合計約20万トンを処理した実績があるという(うち1万トンは赤穂工場で処理)。
 締結された協定では、▽青少年健全育成▽観光振興−なども連携事項に盛り込まれた。同社の諸橋央典(ひろつね)社長は「関西圏唯一のセメント工場として、従来から受け入れている工場見学のほか、タワーを観光資源として活かしてもらえれば」と語った。
 同社は宮城県、栃木県と同様の協定を締結しており、市町村では今回が初めて。また、災害廃棄物処理協力協定は高知県須崎市、千葉県船橋市と結んでいる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月17日号(2425号) 1面 (9,672,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合