忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

バブル崩壊下回り過去最悪 景気動向調査

 2020年06月06日 
 赤穂商工会議所が会員事業所を対象に四半期ごとに実施する景気動向調査で、今年1月〜3月期の売上DIがマイナス79・5となり、記録の残る1993年以降で過去最悪となった。
 バブル景気崩壊やリーマン・ショック時を下回り、新型コロナウイルス感染症による経済活動への影響の大きさが如実となった。
 調査は建設、製造、小売など6産業計120社を対象に83社から回答があった(回答率69・1%)。売上動向について「良い」「やや良い」「横ばい」「やや悪い」「悪い」の5段階で質問し、良化傾向の割合から悪化傾向の割合を差し引いた数値を算出した。
 前期(2019年10〜12月期)の売上DIはマイナス31・6。前期から47・9ポイントの大幅下落となった。
 同商議所によると、これまでで最も売上DIが低かったのは、バブル景気崩壊の影響が地方に到達した1998年10〜12月期のマイナス68・3。リーマン・ショックで景気が悪化した2009年4〜6月期、阪神淡路大震災の1995年1〜3月期はマイナス50ポイント台だった。
 業況DIのマイナス74・7、収益DIのマイナス71・1も過去最悪を記録した。
 先行き見通しでは、売上DIマイナス51・8、業況DIマイナス50・6、収益DIマイナス54・2といずれも改善を予測する傾向がみられた。見通し通りに景況感の回復がみられるのか、来期の調査結果に注目が集まりそうだ。
 産業別の売上DIは次のとおり。いずれもマイナス。
 ▽建設=42・9
 ▽小売=100・0
 ▽製造=81・8
 ▽サービス=66・7
 ▽卸売=100・0
 ▽不動産・運輸=60・0
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年6月6日(2373号) 1面 (9,147,827byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

景気としてはこれ以上悪くならないということ?早く底を打ってほしい。

0  0

投稿:自営業者 2020年06月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)
  • 《市民病院医療事故多発》脳外科医2人を書類送検 業務上過失傷害容疑 病院は過失否定←匿名希望(06/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警