忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

PRちらし、動画を無料制作 顧客密着の支援好評

 2023年01月28日 
 備前日生信用金庫赤穂支店が顧客の商店や事業所の広報宣伝活動を手助けする「地域応援プロジェクト」に取り組んでいる。店のコンセプトや商品の魅力を聞き取り、PRちらしや動画を無料で制作。「少しでも売り上げアップのお手伝いになれば」と顧客に寄り添ったサービスが好評だ。

備前日生信用金庫赤穂支店の店頭に設置されている「地域応援掲示板」


 同信金は旧備前、旧日生の2信金が2020年に合併して誕生。翌年に「手をとりあって未来へ」のキャッチフレーズの下、「SDGs宣言」を打ち出した。取り組みテーマの一つに掲げた「地元事業所の成長・課題解決サポート」の一環で、赤穂支店では取引先の飲食店や小売店などを紹介する掲示板を店頭に設置。パンフレットやちらしをラックに並べ、来店者が自由に持ち帰れるようにした。

 しかし、印刷物の制作に労力や費用をかけることが難しい事業者も少なくない。そこで、渉外担当の井端可純さん(32)や窓口担当の橋本優さん(23)らの発案でPRちらしの無料制作サービスを始めた。取引先がPRしたい商品やサービスをヒアリングし、スマホで撮った写真に手書きの文字やイラストを組み合わせてカラーコピー。手作りならではの親しみやすさがある。

 さらに、短いPR動画を撮影編集してユーチューブにアップする取り組みもスタート。浜村信司支店長(52)自らカメラ機材を手に取引先に赴く。実際にサービスを受けた鷏和の餃子店経営、大河慎さん(29)は「店の知名度を上げたいと思っていたので、ありがたい。親身に支えてくれていると実感した」と話す。

 井端さんによれば、ちらしや動画を制作するための打ち合わせを通じて、取引先の強みをより詳しく知ることができるメリットがあるほか、「経営の悩みや困り事なども気兼ねなく相談してもらえるようになった」という。今後も依頼があれば積極的に支援していく方針で、浜村支店長は「顧客に寄り添ってきめ細かいサポートをするのが信用金庫の使命。より地域に密着した金融機関として、一緒に成長していきたい」と語る。

自らカメラ機材を手にPR動画を撮影する浜村支店長



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月28日号(2493号) 1面 (10,074,557byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警