忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂と山鹿の絆が漫画に

 2015年12月13日 
漫画とハゼの鉢植えを贈り合った山鹿青年会議所の表敬訪問
 赤穂市と熊本県山鹿市が姉妹都市になった経緯を子どもにもわかりやすく伝えようと、漫画『十七士と伝右衛門の五十日』を山鹿青年会議所(JC)が出版。小川純一理事長(39)らメンバー8人が13日、完成した本を持参して赤穂市役所を表敬訪問した。
 山鹿市は討ち入り後に大石内蔵助をはじめ浪士17人を預かった旧細川藩にあたる。市内の日輪寺には接伴役だった堀内伝右衛門が築いた義士の遺髪塔があり、義士命日の2月4日には毎年「義士まつり」を営む。平成14年に赤穂市と姉妹都市提携を結んだ。
 漫画は、内蔵助と伝右衛門の交流に端を発した両市のつながりを描いたA5判25ページ。木ろうの原料となるハゼの木の栽培方法を伝右衛門が内蔵助から教わったとの言い伝えも紹介し、子どもにも読めるように漢字にふりがなを付けた。
 初版本は非売品で義士の人数にちなんだ限定47冊。両市の小学校と図書館に寄贈する。この日は小川理事長が赤穂への寄贈分14冊を明石元秀市長と尾上慶昌教育長へ手渡した。
 明石市長は、内蔵助が手植えしたと伝えられる赤穂八幡宮のハゼの実から育てた若木の鉢植えで答礼。山鹿JCが来年2月4日に日輪寺の境内に移植する予定で、小川理事長は「山鹿と赤穂の絆のシンボルとして大事に守り育てたい」と誓った。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警