忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

国名勝の復元工事を一般公開

 2010年02月10日 
親柱など主要な骨組みが出来上がった西仕切門
 復元整備が進む国名勝・旧赤穂城庭園で、二之丸庭園の「西仕切門」の主要部分が10日、ほぼ組み上がった。市教委は土塀や石垣土塁の復元作業と併せ、2月13日(土)に現地見学会を開く。
 西仕切門は二之丸庭園の南端に位置する。門扉の上下部に弓矢を射るためのすき間が設けられていたとみられ、江戸時代の絵図には「スカシ門(透かし門)」との記載もある。
 平成11年度からの発掘調査で遺構が見つかり、絵図や姫路城「ちの門」などを参考に図面を作成。昨年10月から復元工事に着手した。ヒノキ材とクリ材を使用し、完成すれば高さ約4・6メートル、幅約3メートルとなる。
 10日は左右2本の親柱を礎石の上に立て、長さ約4・8メートルの冠木をクレーンで吊り降ろし。寸分違わず刻まれた木材を職人らが慎重に組み合わせ、骨格が出来上がった。
 見学会では、復元図面を設計した盧永春・工学博士(47)が現地解説するほか、土塀の壁塗りや石垣築石の石割りなど専門職人による工程を間近で見学。型枠に入れた土材を棒で突き固めて土塀を作る「版築」の作業は参加者が実際に体験できる。
 見学希望者は午後1時半に赤穂城発掘調査事務所(Tel43・4641)に集合すればよい。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2010年2月13日(1882号) 1面 (8,979,919byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合