忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 子供街ネタ
  3. 記事詳細

「高雄の宝」希少植物ハマウツボを観察

 2023年05月16日 
 高雄小学校そばの千種川河川敷で12日、希少植物・ハマウツボの観察会があり、兵庫県版レッドデータブックでAランクに選定されている貴重な植物群落を同校児童や住民ら約40人が観察した。

希少植物のハマウツボを観察する高雄小の子どもたち


 ハマウツボはカワラヨモギの根に寄生する一年草。高雄地区は兵庫県内で2か所しかない自生地の一つで、「地域の宝として守り育てよう」と2004年に発足した「高雄地区水辺づくり協議会」が約1000平方メートルの保護区を管理している。毎年5月ごろラベンダーのような紫色の花を咲かせ、高雄小6年生が総合的な学習の一環で個体数調査や種取りなどを実施している。

 観察会には6年生と来年度に活動を引き継ぐ5年生、そして地域住民が参加した。元兵庫県薬剤師会副会長で植物全般に詳しい木村繁之さん(87)=南野中=を講師に迎え、標本にするためのハマウツボを採集。根茎の部分から丁寧に掘り出し、ハマウツボとカワラヨモギの根っこがつながっている様子を確認できた。

 同校では来月に個体数調査を行い、年内にはハマウツボとカワラヨモギの生育を助けるために芝を除去する「芝はぎ」を実施する予定という。「教科書だけでは得られない学びがある」と池田達哉校長。5年の西脇穂華(ほのか)さん(10)は「高雄の宝なので、これからも大切にしていきたい」と関心を示し、木村さんは「サイエンスの視点をもって観察や保護に取り組んでほしい」と子どもたちに呼び掛けた。

紫色の花が美しいハマウツボ



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月20日号(2507号) 1面 (5,077,063byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

高山から防火林帯に入ったところに大きな水たまりがあり、ヒキガエルのおたまじゃくしが多数発生しているのを3月に見つけました(現在は四肢が生えて旅立ったので、水たまりからはいなくなっています)。
防火林帯への分岐点には、「遊歩道につき、バイク、車両等での通行はご遠慮ください。」という看板がありますが、以前からオフロード車で進入する者がおり、水たまりの中にもタイヤ痕がありました。
ニホンヒキガエルは兵庫県版レッドデータでランクCであり、何らかの保護が望まれます。
市によると、車両の進入を防ぐための柵などの設置は難しいそうで、ハイカーの安全だけでなく、希少種保護の点でも、現状では人の良心に頼っているだけの有様です。

3  0

投稿:地球市民 2023年05月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警