忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

往年の海外スターたち 元カメラマンが写真展

 2023年05月07日 
 ジャクリーヌ・フランソワ、ジルベール・ベコーなど往年の海外スターがステージで歌う姿を撮影した写真展「愛をテーマに歌い続けて…シャンソンを中心に我が青春のミュージシャン達」が坂越のギャラリー喫茶「高瀬舟」で5月8日(月)から始まる。

往年のスター歌手のコンサート写真展と地谷晃さん


 撮影者の地谷晃さん(77)=中広=は赤穂中を卒業して大日本紡績(現ユニチカ)坂越工場に就職したが、報道写真家になりたいと21歳で退社。大阪の専門学校へ入り、写真の基本を学んだ。夢は叶わなかったが、フリーカメラマンとして学校の記念写真や企業のカタログ画像を撮影する仕事を続けるかたわら、コンサートで来日した一流人気歌手の撮影を数多く手がけた。

 今展では「シャンソンの神様」と呼ばれたシャルル・アズナブール、「アイドルを探せ」などのヒット曲があるシルヴィ・ヴァルタンなど14人のポートレートを手札サイズから大型パネルまで計20点展示。いずれも1960〜70年代に日本で行われたコンサートで地谷さんがニコン製一眼レフで撮影し、フィルム現像から印画紙への焼き付けまで自身の手で行った生写真で、ややセピア色になった画面の色合いが時間の経過を感じさせる。3年半前に赤穂に帰郷した際にネガは処分しており、まさに秘蔵の作品といえる。

 「目にピントを合わせることと、人物の一瞬の動き」に集中して撮影したという地谷さん。「皆ステージに立つと実際よりも大きく見えた」と、それぞれのスターが放ったカリスマ性を振り返る。過去に個展を開いたことはなく、「どの作品も私の青春そのもの。当時を知る世代の方に懐かしんでもらえれば」と話している。

 6月1日(木)まで午前10時〜午後4時(金土日休み)。展示写真は一部を除いてチャリティ販売(500円〜)し、収益をウクライナ支援募金に寄付する。Tel48・7122。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月13日号(2506号) 4面 (8,504,697byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市内小学校で運動会 4年ぶりに全学年合同←バンザイ(06/05)
  • 市内小学校で運動会 4年ぶりに全学年合同←私も写っている一人(06/05)
  • 市内小学校で運動会 4年ぶりに全学年合同←世の中(06/05)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警