忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

絵マップコン記念誌 20年の記録と記憶一冊に

 2024年05月18日 
 2003年から22年まで毎年開催された「あこう絵マップコンクール」の足跡を残そうと、実行委員会が記念誌を刊行した。歴代最優秀賞の作品画像をはじめ、当時の応募者から寄せられた感想文やスタッフの手記などを収録。20年間の記録と記憶が詰まった一冊となった。

「あこう絵マップコンクール」の20年間の歩みを記念誌にまとめた実行委員のみなさん


 小学生以下を対象に手作りの絵地図作品を公募する同コンクールは「作品づくりを通して郷土への愛着を深めてほしい」と「西播磨地域づくり女性会議」が創設。第2回以降は市民有志の実行委が引き継ぎ、20年間の総応募点数は1327点に上った。2007年度に国土交通省「手づくり郷土賞」、10年には国土地理院感謝状、県知事賞を受賞。「実行委員の世代交代ができなかった」として一昨年を最後に幕を閉じた。

 応募者が審査委員の前で自ら作品について説明するスタイルも特色で、初回応募時は説明がたどたどしかった子が年を重ねるごとに堂々と作品の意図を語るようになる成長が感じられたという。

 「キラキラした目で一生懸命に発表する子どもたちの姿に未来の赤穂への明るい希望を重ねて見た」と尾上欣也会長(63)。初回から運営の中心を担った事務局長の江端益子さん(62)は「子どもたちの作品と表現力にたくさんの感動をもらいました。記念誌を通してありがとうと伝えたい」と感謝を表した。

 記念誌はA4判95ページで220部発行。赤穂市立図書館と市内の幼保小中各校園所に寄贈したほか、希望者に実費で頒布する(数に限りあり)。TEL080・3138・6698(江端さん)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年5月18日号(2552号) 1面 (4,677,807byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警