忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「渚の再生」「塩サウナ」…海浜公園活性化へ要望提案

 2023年02月05日 
 赤穂海浜公園の自然環境保全や活性化について利用者の意見を聴くヒアリングがこのほどあり、渚や湿地を再生する案やスケートパーク、ドッグランの設置、駐車場の平日無料化などの要望が出された。

赤穂海浜公園の自然環境保全や活性化について利用者が要望や提案をした「県立都市公園のあり方検討会」


 兵庫県の「県立都市公園のあり方検討会」の第3回赤穂海浜公園部会として中広の赤穂化成ハーモニーホール学習室で行われ、個人と団体の計11組が参加した。

 同公園内の人工湖でカヤック体験を実施しているNPO法人「赤穂里うみカヤックス」は海辺でのシーカヤック体験の導入を要望。「播州赤穂の塩・ジオ研究会」は地元の特産を活かした塩サウナの設置を提案した。「千種川圏域清流づくり委員会」は「生態系が戻っていける自然再生エリアを設定できないか」と提言した。

 赤澤宏樹部会長(兵庫県立大学教授)は「ヒアリングに参加された方々の赤穂海浜公園への関心の高さが感じられた。こうした利用者の声を取り入れる仕組みづくりを検討していく必要があるのでは」と話した。

 同部会は次回の会合(2月13日)で最終報告として同公園の管理運営ルールを取りまとめる予定。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月4日号(2494号) 1面 (5,509,724byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警