忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

書の清水さん 9年連続日展入選 日本画の古川さんは4度目

 2022年11月05日 
 「第9回日本美術展覧会」(公益社団法人日展主催)の入選者がこのほど発表され、書の部で塩屋の書道講師、清水まみさん(66)が9年連続9度目、日本画の部で赤穂出身の大学職員、古川功晟(かつあき)さん(28)=奈良県葛城市=が4年連続4度目の入選となった。

 * * *

 清水さんは良寛の和歌「ひさかたの雪野に立てる白鷺はおのが姿に身をかくしつつ」を調和体で書した。自身初めて半分の長さに切断して正方形につなげた画仙紙を使用。漢字とかなをバランスよく配置でき、「気持ちよく筆が進んだ」という。今年3月に会友となり、さらに入選回数を重ねた。

 所属する「正筆会」で常任総務を務めるなど多忙だが、「書に打ち込める環境に恵まれていることに感謝して、これからも日々を過ごしていきたい」と話す。

清水まみさんの入選作


 * * *

 動物をモチーフとする古川さんの入選作は、歩き出そうとするホッキョクグマを描いたF150号。「遥か遠くから来た北極熊に自分のこれまでと、これからを託して、少しづつ前に」などとの思いを込め、「想うほど遠く」と題した。今夏の猛暑の中、取材に訪れた天王寺動物園で熱中症で倒れる寸前になるまで集中したスケッチが納得の作品につながった。

 今年4月の「新日春展」で奨励賞を受賞し、同展会友となった。画家としての手応えを感じつつ、「取材する動物の魅力を引き出せるように、今後も素直な気持ちで作品制作に取り組む」とさらなる精進を誓った。

古川功晟さん画「想うほど遠く」



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年11月5日号(2482号) 1面 (12,241,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合