忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

SNSから人気 レシピ本出版

 2022年08月06日 
 「冷蔵庫の余ったものを使って、大切な人のために作る料理」をテーマにネットでレシピを配信している赤穂市内在住のannkoさんが初めての書籍『annkoのごちそうおうちごはん』を7月22日に出版した。

赤穂市在住のannkoさんが出版した料理レシピ本『annkoのごちそうおうちごはん』。アカウント名は大好物の「あんこ」から付けた


 著者のannkoさんは祖母、両親、姉の5人家族。週末に家族に作った料理の写真とレシピのツイッター投稿を3年ほど前から始めたところ、身近にある食材や調味料で作る献立が人気に。特に3年前の「母の日」にアップした「ごちそうサラダとちらしずしのケーキ」が数多くリツィートされ、一気にフォロワーが増えた。今年1月、大手出版社から「レシピ本を出しませんか」と突然の打診があり、トントン拍子で出版が実現した。

 annkoさんが料理を始めたのは大学1年生のとき。初めての一人暮らしで「栄養のある食事を、できるだけ節約して作る」ために自炊に取り組んだ。さまざまな調味料を思いつくまま投入して作ったスープは大失敗。そこから本やインターネットでレシピを勉強するようになったという。

 今回出版した書籍では、これまでに発信した献立の中からツイッターで反響の大きかった料理を中心にピックアップ。書き下ろしの献立も加え、メイン料理から副菜、ドレッシングまで60種類のレシピを収録した。「ポテトサラダ」やサツマイモで作る「肉じゃが」など母直伝のおかずのほか、「鶏肉のレモン漬け」「カキのソテー」といった地元のご当地メニューも掲載されている。

 「この本は、世界にたった一つだけの私の本。出版できたことに、とても感動しています。自分のため、誰かのためにつくる料理を楽しんでもらえたらうれしい」とannkoさん。フォロワー数は今年5月に10万人を突破し、「これからも、お腹だけじゃなくて心も満たされるような料理を提案していきたい」と話している。

 『annkoのごちそうおうちごはん』(KADOKAWA)はA5判144ページ、定価1540円。全国の主な書店、インターネットサイトで購入できる。
<前の記事


関連サイト:
■annkoさんのツイッター


掲載紙面(PDF):
2022年8月6日号(2472号) 4面 (11,565,029byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←中島くん(10/02)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←覆面居士(10/02)
  • 秋の夜空彩ったサプライズ花火←子育て世代(10/01)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合