忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

考古学の視点で考える「秦氏」のルーツ

 2022年06月04日 
 赤穂にもゆかりの深い渡来系氏族をテーマに「秦氏魅力向上フェスティバル」(赤穂民報社など後援)の記念講演会が4日、中広の市立図書館であり、秦河勝をまつる坂越・大避神社の生浪島堯宮司などの話を約90人が聴講した。

「秦氏魅力向上フェスティバル」の記念講演会で話す中濱久喜氏


 相生市立歴史民俗資料館文化財専門員の中濱久喜氏は「考古学から見た赤穂郡域の秦氏」と題し、赤穂市から上郡町、相生市の一帯で発掘調査された成果を基に講演した。

 中濱氏によると、5世紀には有年原地区を中心に渡来系集団の活発な動きがみられ、一旦活動が低調になった時期を経て6世紀末から新しい集団が移住。蘇我氏らと結びついた最高首長の下、殖産を担い、その後に勢力を伸ばした集団があるという。

 中濱氏は「5世紀代の集団が『秦』を名乗っていたかどうかは定かではない。6世紀末から7世紀にかけての古墳の様相からは太秦を拠点とした秦氏との関係性は読み取れない」と慎重な見方を示し、「7世紀後半から8世紀にかけて秦氏が郡域有数の勢力となり、8世紀末から11世紀に塩業や鉱山開発、土地開発で最有力集団としての地位を確立したのではないか」と述べた。

 生浪島宮司は「大避神社と秦氏」と題し、航海安全や芸能の神とされる祭神・秦河勝にまつわる伝承を紹介。これまでに日本文化研究の第一人者だった故梅原猛さんなど多くの専門家が研究に訪れ、著名な能楽師や邦楽の演奏家などが参拝したことに触れ、「現場に行くのが一番。ぜひお参りいただきたい」と来社を呼び掛けた。

 同フェスは6月12日(日)まで(6日は休館)。会期中は1階ギャラリーで「大避神社由来書」や有年牟礼・山田遺跡で発掘された「秦」の刻字がある須恵器などを展示。千種川流域の秦氏ゆかりの史跡を紹介する写真展、相生市入野の日本画家、船岡美和子さんの作品展「秦河勝と佛たち」も開催中。

 5日(日)は午後1時半から「秦氏を学ぶ会」による公開研究発表会。最終日午前11時からギャラリー朗読会がある。
<前の記事


コメント

フェスティバルに行って来ました。盛りだくさんの内容で満足しました。12日の朗読会も聞きに行く予定です。

1  0

投稿:歴史ずき 2022年06月05日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「目指すは金賞」マーチングバンド全国大会へ←同級生(12/02)
  • 「まるで光の国」赤穂小で一夜限りのライトアップ←N(11/28)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合