忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

《市民病院連続医療事故》市長「不問にするつもりない」

 2022年04月29日 
 赤穂市民病院に在籍中、脳神経外科の手術で医療過誤1件を含む8件の医療事故を起こして手術禁止処分を受けた医師(昨年8月に依願退職)が、処分期間中に手術を行い、さらに医療事故を起こしたとされる問題で、病院開設者の牟礼正稔市長は27日、赤穂民報の取材に「不問にするつもりはない」と、問題の検証に取り組む考えに言及した。

 手術禁止処分中の医師が執刀した経緯については、「医師を被告として係争中のため、裁判が決着するまでは公表を差し控えたい」とし、今後設置される外部有識者委員会に検証を委ねる意向を示した。

 また、この医師が関わった医療事故のうち病院から正式報告を受けたのは、病院が医療過誤を認めた1件のみで、その他の症例については報告を受けていないことを明らかにした。

 同病院の医療安全対策実施要項は、市への報告を要する医療事故として、▽患者を死に至らしめ、または死に至らしめる可能性がある場合▽患者に重大若しくは不可逆的傷害を与え、または与える可能性がある場合▽患者等から抗議を受けたケースや、医事紛争に発展する可能性があると認められる場合ーを挙げている。

 牟礼氏は「(病院が医療過誤を認めた症例を除き)市への報告の必要がない医療事故だったものと考えている」と述べた。赤穂民報の取材では、問題の医師が執刀した脳腫瘍の摘出手術で、患者が手術直後から昏睡状態となったまま死亡した医療事故も発生している。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】さらに医療事故3件 計11件に(2022年03月27日)
【関連記事】医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件(2021年09月18日)


掲載紙面(PDF):
2022年4月29日号(2460号) 1面 (10,585,646byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←あこう(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←赤穂市民(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←市民(06/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合