忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

牡蠣いかだ抽選会 番号札に一喜一憂

 2022年02月06日 
恒例のおみくじ方式で牡蠣養殖いかだの位置を決めた抽選会
 坂越沖で牡蠣を生産する漁業者たちが来シーズンの養殖いかだの位置を決める抽選会が5日、赤穂市漁業協同組合坂越支所であり、恒例のおみくじ方式で場所決めを行った。

 漁協によると、来季は坂越沖で16業者が計154台のいかだを操業。初夏からお盆の時期までは陸に近く波が穏やかな「種場」と呼ぶ一帯で稚貝を育て、その後は「沖出し」と呼ぶ沖合で身を太らせる。養殖いかだを並べられる海域は県知事の免許制で一定の範囲内に限られているが、位置によって有利不利があるため、1年ごとにくじ引きで場所を決めているという。

 抽選会では、「種場」と「沖出し」それぞれの海域内に77区画を設定し、「一」から「七十七」まで番地を割り振った。波が当たる外側はプランクトンが豊富でよく育つ反面、台風などで殻が落下しやすいリスクがあり、内側は波の心配は少ないものの水温が高くなりすぎる心配がある。それぞれ一長一短があるのだが、条件の良い位置とそうでない位置とではシーズンを通した水揚げ量が「倍ほど違う」という。生産者らは番号札が入った缶を祈るように振って一本を取り出し、出た番号に一喜一憂した。

 抽選会は毎年2月上旬に行われ、例年は生産者みんなで酒を酌み交わしながらくじを引く。「牡蠣漁師にとっての正月行事みたいなもん」だという。しかし、コロナ下のため昨年に続いて会食は取り止め、換気のために開けた窓から寒風が吹き込む中、短時間で抽選を終えた。

 最盛期を迎えている今季は順調に水揚げが続いており、近年進むブランド化と相まって売上も好調に推移しているという。一方、石油価格の高騰で船の燃料代や地方発送に欠かせない発泡スチロール箱の価格が上がり、手放しには喜べない状況もあるという。同漁協かき部会の冨田崇史部会長(52)は「来季も地元をはじめ消費者のみなさんに良質な牡蠣を届けられるよう、組合員みんなで頑張りたい」と抱負を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年2月12日号(2450号) 4面 (7,182,952byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←あこう(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←赤穂市民(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←市民(06/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合