忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

ご当地カップ麺「赤穂の牡蠣にゅうめん」発売

 2022年02月04日 
新発売されたご当地カップ麺「赤穂の牡蠣にゅうめん」
 加里屋の創作料理居酒屋「赤穂野菜と地魚の店 五月(めい)」が、ご当地カップ麺「赤穂の牡蠣にゅうめん」を商品開発した。熱湯をかけて3分で、赤穂塩で味付けした出汁に坂越産の牡蠣が乗った一杯が味わえる。

 「地元食材の素晴らしさを発信したい」と同店が約1年間かけて企画。生の牡蠣を冷凍して真空パックしてから加熱殺菌することで常温保存を可能にした。フリーズドライの手延べ麺は張りのある食感が特長。「かつお出汁と牡蠣エキスの相乗効果」でインスタントとは思えない美味しさだという。

 1個850円で同店のほか、近日開設するネットショップでも販売予定。赤穂市ふるさとづくり寄付金の返礼品にも採用された。パッケージラベルには赤穂観光協会のQRコードを印刷しており、同店は「赤穂の観光PRにも結びつけば」と話している。問い合わせはTel56・6221。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年1月29日号(2448号) 1面 (7,614,935byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

コロナで赤穂の街が、パッとしないここ最近の状況…明るい話題に、ほっこりしますね。
爆発的な、ヒット商品になればイイのにね!

13  0

投稿:いいね! 2022年02月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)
  • 鹿と衝突事故急増 赤穂署が注意マップ←匿名希望(12/03)
  • 「目指すは金賞」マーチングバンド全国大会へ←同級生(12/02)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合