忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

高校生四十七士が勝ちどき 赤穂義士祭

 2021年12月14日 
赤穂高校の生徒たちが討ち入り装束で勝ちどきを上げた赤穂義士祭
 第118回赤穂義士祭が14日にあり、義士装束で四十七士に扮した地元高校生たちがゆかりの社寺を参拝。義士を追慕した。

 義士役は赤穂高校の男子生徒たち。主催の赤穂義士祭奉賛会の依頼を受けた学校が出演者を募り、希望者と野球部員が参加した。生徒らは討ち入り姿にマスクを着け、義士墓所がある加里屋の花岳寺を参拝。赤穂城跡の大手門付近から四十七士を祭神にまつる上仮屋の赤穂大石神社まで約200メートルを練り歩いた。勇ましく勝ちどきを上げると、フレッシュな四十七士に見物客から大きな拍手が送られた。

 大石内蔵助役と主税役は昨年と今年の生徒会長が務めた。内蔵助役の亀井翼さん(18)=3年=は「身の引き締まる思い。堂々と歩くことができた」。主税役の吉村有輝也さん(17)=2年=は「全国的に有名な行事に参加できて光栄。一致団結した四十七士のように仲間を大切にしたい」と話した。

 今年の義士祭は、コロナ禍で法要と祭典のみとなった昨年に続き、市中パレード、露店の出店は中止に。「2年続けて義士祭がないと市内の活気も薄れる。できることからやっていきたい」(牟礼正稔市長)と義士の練り歩きと交流物産市を行った。
<前の記事


コメント

高校生による義士行列すばらし

8  1

投稿:50代トラックドライバー 2021年12月16日

見ていて、初々しく本当に頼もしかったです。
フレッシュな若者を見ていて元気になります。
高齢化社会の昨今、コロナを機に変えて、
こんな若者にやってもらうことこそ、
伝統を継承していくきっかけにもなるし、赤穂の活気にもなるのではないでしょうか。
周りの方もそう話されてました。

10  2

投稿:りんご 2021年12月15日

自治会の持ち回りじゃなくて、この先もずっと赤高生にお願いしたらいいんじゃない?
いい思い出になるだろうし、そこから郷土愛みたいなのがうまれないかな?

30  4

投稿:赤穂人 2021年12月15日

御社の記事の通り、例年に無い、フレッシュを感じますね。
若い力を、今後活かしてくださいます様に

21  5

投稿:いいね! 2021年12月14日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合