忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会スポーツ
  3. 記事詳細

市民体育館の指定管理者 10年ぶり神姫バス系へ

 2021年11月13日 
10年ぶりに指定管理者が変更となることが確実となった赤穂市民総合体育館
 赤穂市は、今年度末で契約期間が満了する赤穂市民総合体育館と城南緑地運動施設などの指定管理者の次期候補者に神姫バスグループの「神姫トラストホープ」(姫路市)を中核とする「S&Pマネジメント共同事業体」をこのほど選定した。

 現在はコナミスポーツクラブを中心とする共同事業体が指定管理者を担当しており、議会の承認を経て正式決定すれば、来年4月から運営が切り替わる。

 関係者によると、指定管理者申請にはS&P、コナミ系、アシックスを核とする共同事業体の3団体から応募があったという。

 先月15日の選定委員会で各団体が事業計画案をプレゼンテーション。学識経験者と市幹部など6人の選定委員が「施設の設置目的達成」「サービス向上」「自主事業」など5項目の計200満点で採点し、最高点と最低点を除く4人の合計得点が629点で最も高かったS&Pが候補者に選ばれた。2位とは17ポイント差だった。採点項目のうち「経費縮減」で20ポイント以上他団体を引き離した。

 S&Pは神姫トラストホープと親会社の「神姫バス」、赤穂市体育協会を母体とする「赤穂市スポーツ施設管理運営協会」、スポーツ商社の「エスエスケイ」、太子や網干などでサンスイミングスクールを運営する「山陽不動産」の計5社で構成。神姫バスグループは元禄スポーツセンター、野外活動センターなどの指定管理者も務めている。

 赤穂市民総合体育館と城南緑地運動施設の指定管理者をめぐっては、制度が導入された2009年度から3年間は神姫トラストホープの前身の「ホープ」を中心とする共同事業体が担当。12年度からコナミ系に切り替わって現在に至っており、10年ぶりにホープ系の運営に戻ることになる。

 S&Pの事業計画案は11月24日開会の第4回定例会で公表される見通し。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年11月13日号(2438号) 1面 (10,791,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←不衛生とは?(12/01)
  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←保護者(11/30)
  • 犯罪抑止へ年末特別警戒 赤穂署で発隊式←ねろ(11/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合