忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「30年先見据えた戦略を」まちづくりフォーラム

 2021年08月02日 
「地方自治と地域づくり」をテーマに基調講演した畑正夫氏
 市民と行政が連携したまちづくりのあり方を考えるフォーラムが中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールで1日にあり、市民約100人が参加した。
 「あなたの想いを未来の赤穂へ」と題し、今年1月に発足した市民有志のグループ「楽楽(らら)の会」が主催。元兵庫県職員で県の長期ビジョン策定を担当した畑正夫氏(兵庫県立大学地域創造機構教授)が「地方自治と地域づくり〜子どもたちに何を伝えるか〜」をテーマに基調講演した。
 畑氏は、人口減少と並行して科学技術の急速な変化やデジタル社会が進む中、「コロナが去った後にどのような世の中がやってくるのか」とポストコロナ社会を考える重要性を指摘。「専門家だけに頼ると視野が狭くなってしまう」として、当事者である市民が対話に参加する必要を説いた。
 地域づくりに戦略的に取り組む上で「最も大切なのは、『公共的価値』は何なのか考えること」だとし、「例えば、観光振興で観光客がたくさん来た、お金が落ちた、まちがにぎわった、果たしてそれでいいのか。それが持続可能なものかどうか、ほとんど議論されていない」と問題提起。「30年先を見据えた戦略を立て、5〜10年単位の戦術」を課題解決のスパンとして示した。
 赤穂市が2021年から10年間の市政運営指針として策定した「2030赤穂市総合計画」についても触れ、「つくったものをどう活かすかを考え、その姿を子どもたちに見せていく、子どもたちと一緒に考えていくことが大切になってくるのではないか」とまとめた。
 同会世話人の一人、門田守弘さん(69)=坂越=は「今後も市民と行政が連携して、よりよいまちづくりを進めることを考えていきたい」とし、11月に観光振興をテーマに学習会を開く予定にしている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年8月7日号(2427号) 2面 (5,334,492byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←いつまで(04/13)
  • 女人義士行列、御塩道中など「春の義士祭」14日開催←春祭り(04/12)
  • 女人義士行列、御塩道中など「春の義士祭」14日開催←寂しいな(04/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警