忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

伝統の「傘踊り」若い世代に

 2021年07月22日 
ストリートダンスのコラボを目指して行われた傘踊りの体験イベント
 鈴のついた色鮮やかな和傘を手に舞う伝統郷土芸能の「傘踊り」を若い世代に伝えようと、市民有志の「赤穂傘踊りプロジェクト」がヒップホップの要素を組み込んだ新作ダンスの創作に取り組んでいる。
 岡山県津山市を拠点とする宮坂流の傘踊りを継承する「花てまり」(松本百合子代表)で約20年活動してきた福本久子さん(74)=加里屋=が「傘踊りの魅力を次世代に伝えたい」と仲間と発起。中広でストリートダンススタジオを開く宮本美起さんの協力で「傘踊りとヒップホップをコラボした斬新な創作ダンス」の考案を目指す。
 オリジナル曲に宮本さんが振り付けを担当。12月に義士祭で披露することを目標としている。今月上旬までクラウドファンディングで支援を求めたところ、目標額の30万円を上回る寄付が集まった。
 このほどJR坂越駅芝生広場であったイベントでは、「花てまり」の手ほどきでストリートダンスの子どもたちが傘踊りを体験。相生市若狭野町の小学3年、長治すずさん(8)は「傘を回したら、鈴の音がきれいだった」。福本さんは「興味を持ってもらえたらうれしい。どんな新しいダンスが生まれるか楽しみにしています」と新曲の完成を心待ちにしている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月17日号(2425号) 1面 (9,672,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

伝統は作り上げていくものですね()。

2  2

投稿:一言居士 2021年07月22日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合