忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

3つのトマトが合体!? 種苗メーカー「珍しい」

 2021年07月21日 
3つの果実が合体したような珍しい形のトマト
 大小3つの果実がくっついた珍しい形のトマトが収穫され、塩屋の地方公務員、加藤照幸さん(63)が知らせてくれた。
 加藤さんによると、今年4月に赤穂市内の種苗店で購入して植えた「桃太郎」20株に実ったうちの1個。家庭菜園歴約30年で、植物全般に詳しい加藤さんにとっても「初めて見た」という。
 桃太郎を品種開発した「タキイ種苗株式会社」によると、「小さい2つの果実は『おしべ』の付け根が変化したもの」で珍しいという。
 「トマトは、トマトトーンというホルモン剤で着果をさせることが主流ですが、このホルモン剤で着果させる際に、トマトが育つために必要な栄養であるチッソが強めに効いている状態が重なると、果実の肥大中に、おしべの付け根の部分が果実のような形に変化し、つられて肥大することが稀にあります。このようなきれいな形になるのは結構珍しく、ちなみに、このオマケのような果実は、ちゃんと食べることができます」
 加藤さんは着果剤を使っておらず、「確率はさらに低くなる」(同社)という。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月17日号(2425号) 4面 (9,672,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福管内で新規感染者1人←市民(09/20)
  • 医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件←赤穂民報(09/20)
  • 野良猫繁殖、多頭飼育崩壊…1か月で100匹超確認←猫好き(09/20)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合