忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

自治会が自主的に防災避難訓練

 2021年07月11日 
車椅子の高齢者も参加した上高谷自治会の防災避難訓練
 大雨を想定した防災避難訓練が坂越の上高谷地区で10日にあり、車椅子の高齢者も含め約190人が参加した。
 同地区は45年前の1976年に発生した台風による洪水で浸水した経験がある。ここ15年、防災避難訓練が行われておらず、「自分たちの地域は自分たちで守ろう」と上高谷自治会(117世帯)が行政や消防団、警察などの協力で実施した。
 「大雨で洪水の危険性が高まっている」との想定。コロナ対策で密を避け、4つのグループが時間差で仮の避難先に設定された地区体育館まで徒歩で移動した。事前調査で把握した住民名簿を使い、到着した人を記録した。
 45年前に自宅が床上浸水した山本澄子さん(83)は当時避難したJA坂越支店で雨水でインスタントラーメンを作って食べた体験談を話し、「こうした訓練で防災意識を高めるのは良いこと」と語った。ボランティアで受付を手伝った赤穂高校ボランティア部の鎌田珠良(じゅら)副部長(17)は「実際の災害のときは、一度に避難者が集中すると思うのでもっと大変かも」と想像を働かせた。
 同自治会では今後、関係機関を交えて独自の防災計画を策定する予定。門田守弘会長(69)は「地区のみんなで助け合いながら災害に強いまちづくりを進めたい」と抱負を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月17日号(2425号) 2面 (9,672,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福管内で新規感染者1人←市民(09/20)
  • 医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件←赤穂民報(09/20)
  • 野良猫繁殖、多頭飼育崩壊…1か月で100匹超確認←猫好き(09/20)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合