忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

震災から10年続けたシュークリーム募金

 2021年04月21日 
 加里屋中洲の洋菓子店「赤穂のお菓子 プリエール」は20日、「東日本大震災みやぎこども育英募金」に21万5460円を寄付した。
 同店は2011年3月11日に東日本大震災が発生して間もなく店頭で募金活動を始めた。最初の約2年間は赤穂民報「陽はまた昇る募金」を通じて16万6643円を寄付。その後も看板商品のシュークリームが売れた個数に応じて売上の一部を募金のために貯め続けた。
 宮城県によると、東日本大震災によって親を亡くした震災遺児は1104人(昨年3月末現在)で、そのうち139人は両親を亡くした孤児だという。同店の寄付金は、震災遺児・孤児への奨学金や支援金などに活用される。
 「自分の中で震災を風化させたくなかったので、募金を始めたときから『10年は続けよう』と思っていました」とオーナーの藤本秀敏さん(48)。震災当時、小学校低学年だった2人の子どもは今春、大学1年生と高校2年生になった。
 この10年を「あっという間に過ぎたという感じ」と振り返る一方、「子どもの成長を振り返ると歳月を感じる」と話す藤本さん。「震災で親を亡くした子どもたちの少しでも役に立てば」と募金に願いを込めたという。
 シュークリーム募金は今後も継続し、以前から支援している尾崎の「普門寺子ども食堂」へ寄付する予定にしている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年4月24日号(2414号) 2面 (6,447,286byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(10/15)
  • 「かんぽの宿赤穂」来年4月に事業譲渡←残念です(10/15)
  • 寝ている間にこっそり…「忍び込み」被害に注意←防犯(10/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合