忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 子供ボランティア
  3. 記事詳細

時代超えて続く千種川水生生物調査

 2019年09月08日 
今年も子どもたちが参加して行われたライオンズクラブの水生生物調査
 千種川流域のライオンズクラブ(LC)が地元の児童生徒たちと合同で年1回行う水生生物調査が7日にあり、赤穂市内では会員と引率教諭を合わせて約45人が有年や高雄など6か所に分かれて水生生物を採集した。
 水質判定の指標となる水生生物の分布を調べ、河川環境の変化を考察するため1973年に始まり今年で47回目。昭和、平成、令和と3時代にまたがる活動となった。
 支川の一つ、加里屋川では児童3人が膝上まで水に浸かり、水草のそばや川石の裏などにひそむ生き物を網ですくった。「生き物が大好き」という赤穂小6年の金田愛斗君(11)は昨年に続いて参加。「生き物を見つけるのも楽しいし、見つけた生き物の名前を調べるのも楽しみ」と熱心に活動していた。
 調査結果は、参加した子どもたちの感想を加えて冊子にまとめ、来春ごろ報告書として刊行される。赤穂LC・環境保全委員長の小林修さん(53)は「川と生態系の大切さ、水のありがたさを考えることにつながれば」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月28日号(2341号) 4面 (9,591,876byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院の経営形態「現行が適当」検討委報告←とりあえず(01/25)
  • 赤穂管内居住26人が新規陽性(1月24日)←市民(01/25)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←もやもや(01/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合