忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関西福祉大学リレーコラム「何するの? 心の準備は頑張りに変わる」

 2017年07月22日 
 小児科に受診するお子さんを見ていると、病院には行きたくないという声が多いように見受けます。診察、検査、処置など子どもが嫌がる行為が多いのですから仕方がないかもしれません。
 そのような子どもたちに、少しでも頑張ろうという気持ちを引き出す看護として、「プレパレーション」というものがあります。直訳すると「準備すること」「心構え」となります。プレパレーションという言葉が日本の看護に定着し始めたのは、20年ほど前になります。
 子どもの心は年齢や経験を重ねて成長していきますが、自分が知らないことに対しては、恐怖心から実際以上の痛みを感じることもあります。たとえば、聴診器を身体にあてる行為はほとんど痛みがありません。それにもかかわらず小さな子どもは泣きだします。腕に空気の圧がかかる血圧測定や、しばらくじっとしているレントゲン撮影なども、子どもにとっては何が起こっているのか理解できずパニックになることもあります。
 プレパレーションは、子どもなりの心の準備を促し、嫌だけれど頑張ってみようという気持ちを引き出すものです。
 まず、これから何をするのかを理解してもらいます。うそは厳禁です。恐怖心をあおらないように丁寧に説明します。絵や写真、模型を使うこともあります。注射などは、子どもの「ちょっと待って」という要望も聞きながら、自分のタイミングで頑張れるようにかかわります。看護師が動かないよう固定する時、「動かないように守ってあげるね」等の説明をすると「押さえつけられた」と受け取らず、子どもは安心します。
 年齢が小さい子どもは、病院での検査や処置が自分にとっての罰だと誤解するケースもあります。処置室に入ったとたん「ごめんなさい、言うこと聞くから」と泣いている子どもがいます。痛い目にあわされるのは、自分が悪い子だからだと思っているのかもしれません。そんなときは、病気を見つけて治すためだと説明して誤解を解くことから始めます。
 プレパレーションによって痛みや嫌な気持ちが完全になくなるわけではありません。泣いたり、「嫌だ」と言ってもよいのです。それでも頑張ったことをほめてもらうと、子どもは自分を誇らしく思えます。(竹村淳子・看護学部教授)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年7月22日(2239号) 3面 (11,184,901byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←かわいそう(12/07)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合