忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

歴史文化遺産の発見に子どもの視点を

 2017年03月04日 
歴史文化遺産の地域づくりへの活用について話し合ったシンポジウム
 「赤穂市の歴史文化遺産と地域づくり」をテーマにしたシンポジウムが4日、中広の市総合福祉会館であり、市民約40人が来場。京都橘大学教授の増渕徹氏らによる講演と対談が行われた。
 文化財保護の中長期的な方針を定める「歴史文化基本構想」の策定に今年度着手したことを受け、赤穂市教委が主催した。
 基本構想策定委員会の委員長を務める増渕氏は歴史文化遺産について、「社会が持つ歴史的な経験の積み上げとともに拡大していくもの」との見方を示し、「新たな視点で新たな遺産を発見することが地域づくりにつながっていく」と市民レベルでの取り組みを推奨した。委員会メンバーの菱田哲郎・京都府立大学教授も講演し、「文化財そのものだけでなく、周辺の景観を含めて残していくことが大切」と提言した。
 両教授の対談では、菱田氏が「歴史文化遺産を探す取り組みに小中学生を参加させてほしい」と提案。増渕氏も「遺産の裏側にあるストーリーを伝えることで、子どもたちが大人になったときに自分が生まれ育ったまちを思い出すことができる」と賛同した。
 構想策定の一環で市教委が実施している「赤穂のいいトコ」アンケートには市内小中学生から約2500件の回答があったといい、荒木幸治・市教委学芸員は「城や義士、塩以外の遺産についてもまんべんなく探していきたい」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年3月11日(2223号) 3面 (16,599,915byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←匿名(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/09)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合