忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

古民具を別の用具にリメイク

 2015年11月20日 
古民具再生工芸展を開いた妻木敏保さん
 使われなくなった寿司桶や洗濯板などの木製品を棚やオブジェといった別の用具にリメイクした「古民具再生工芸展」が加里屋の赤穂市立民俗資料館(前田元秀館長)で開かれている。
 姫路市飾磨区中島の元会社員、妻木敏保さん(72)が加工した約100点。背負子にがんじきを組み合わせた飾り棚、木桶をフレームに再利用した掛け時計、やぐらごたつに電球を入れたランプなどが並ぶ。
 日曜大工が得意の妻木さん。長く大切に使われてきた生活道具が不要になって捨てられていく様子に心を痛め、「もう一度、よみがえらせたい」と思い立ち、定年退職後の余暇を利用して作品づくりに取り組んできた。
 骨董品店や知人から使われなくなった木製生活用具を集め、特徴や形状を観察してアイデアを絞る。「できるだけ元の姿を生かす」ように心掛け、いずれの作品も使い込まれた道具の味わいを感じさせる。
 「使い始めたときから古くなっていく化学製品とは異なり、木製品は使えば使うほど値打ちが出る」と妻木さん。亡き母の形見の化粧箱を再生した引き出し棚も出品し、「どれも思い入れのある作品ばかり。木の良さを見直してもらえれば」と話している。
 「生き様の木目が活きる古タンス」「洗濯板むかし話を洗い出し」など妻木さん自作の川柳も展示している。11月29日(日)まで午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)。水曜休館。大人100円、小・中学生50円。Tel42・1361。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年11月21日(2162号) 3面 (10,158,961byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件←赤穂民報(09/20)
  • 野良猫繁殖、多頭飼育崩壊…1か月で100匹超確認←猫好き(09/20)
  • 市民病院 経営形態含め抜本的見直しへ←ペースメーカー(09/20)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合