忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大・加藤明先生の「応援します!かしこい子育て・教育・介護」【第17回】

 2015年09月19日 
【どうしてスカートの丈を短くしてはいけないの】
 スカートの丈を短くして登校し、担任から注意を受けた美咲は、ファッションが好きでセンスがいいと友達からも評判のよい子である。校則だから守るべきという母親に「お母さんは古い」と主張し、親子げんかになる。
 けんかの後部屋に閉じこもる美咲に「懐かしいものが出てきた」と母親が中学校の卒業アルバムを見せに来た。アルバムの制服を見てデザインが変わっているのに気づく美咲。二人は同じ中学校なのである。制服のデザインを手がけたデザイナーが卒業生であり、母親の知り合いと分かり、ぜひ話がしたいと頼み、電話で話すことになった。美咲は弟子入りをお願いしようと胸をときめかして電話に出た。
 「弟子にとるとしたら、どんな人ですか」 「やっぱりセンスがあるかないかがポイントね」
 「それはどうやって見分けるのですか」
 「中高生なら制服の着こなしで分かるわね。スカートを短くしたり、いろいろ工夫して目立ったりしている生徒がいるでしょう」
 美咲は有頂天になった。ボタンや小さなアクセサリーをつけたりして目立たないところにもおしゃれをして、個性のない制服を個性的に着こなしている自信があったからである。しかしながら、ここからが予想外だったのである。
 「そういう人はまず問題外ね。ファッションというのは、周りの人へのマナーなのよ。TPOって言うじゃない。自己満足でおしゃれをした気になって周りの人に不快感を与えていることに無神経ではだめ。まわりの人がどのように感じているか、そのことを敏感に感じ取れる能力が本当のセンスなのよ」
 これは私がかかわっている中学校の実話をもとにした道徳の資料です。
 同じ制服だから仲間意識が芽生える。そしてみんなできちんとさわやかに着こなすことで、仲間意識は本物になるし、学校や会社にもいいイメージをもってもらえる。外面的な個性が出せないから、本当の個性が伸ばせるし、耕すことに専念できる。
 服装つまり外見は個性的だが中身は単一の価値観で凝り固まっている集団もあれば、外見は同じでも中身は多様な価値観が集まって切磋琢磨し、手を携えながら共に高まり合う真に豊かな集団もある。私の勤める大学の教職員もそうあってほしいし、そのような学生を育てる学校の風土、校風を協力して構築したいと願っています。(関西福祉大学・学長)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年9月19日・第1部(2153号) 3面 (9,714,445byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←ゆき(05/27)
  • 赤穂小のPTA改革 任意加入を明確化 学級委員廃止も←ぴきぴき筋太郎(05/27)
  • 《市民病院医療事故多発》被害患者が脳外科医を刑事告訴←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警