忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

忠臣蔵W実行委の新役員決まる

 2015年07月13日 
 今年で4回目となる「忠臣蔵ウイーク」へ向け、実行委員会がこのほど新体制を発足した。実行委員長に就任した田辺尚也氏(39)=加里屋=は「数多くの観光客に赤穂へ来ていただける一週間を作りたい」と抱負を語っている。
 忠臣蔵ウイークは赤穂義士祭前の一週間を多彩なイベントで盛り上げようと平成24年に始まった。市民有志による実行委員会が市の補助金と個人、企業などからの寄付を活用してボランティアで運営している。
 今年はウイークのシンボルとなっている城型イルミネーション「幻の天守閣」を城跡全体に拡大。若い世代や女性層をターゲットにしたイベントの企画にも取り組むという。新役員は次のみなさん。敬称略。
 ▽実行委員長=田辺尚也▽事務局長=岩佐良平▽会計=橋本太志▽イルミネーション部会=小林正樹▽青少年育成部会=平野竜資▽ALL AKO部会=露野一彦▽魅力発信部会=額田英男▽女性参画部会=荒木迪佳▽企画広報部会=岩崎由美子▽監事=山下博、小川洋史
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年7月18日(2144号) 3面 (11,967,486byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←匿名(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合