忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

長年の海岸清掃奉仕に表彰状

 2015年07月04日 
「海岸功労者表彰」で長年の海岸清掃奉仕を称えられた網家義郎さん
 自宅近くの「坂越ふるさと海岸」でごみ清掃活動をボランティアで続けている坂越の網家(あみいえ)義郎さん(76)に一般社団法人全国海岸協会(脇雅史会長、事務局・東京都港区)から海岸功労者表彰がこのほど贈呈された。
 海岸の美化保全に多大な成果をあげたとして、兵庫県西播磨県民局光都土木事務所が推薦。同事務所は「長年の善意に頭が下がる。網家さんの活動は環境保全の意識啓発にもつながっている」と功労を称えている。
 同海岸は平成16年度に整備完了した人工海岸で延長約890メートル。沖合いに浮かぶ生島を回り込む潮流によって多くの漂着物が流れ着く。
 同海岸北端から歩いてすぐの自宅で生まれ育った網家さんは同海岸の整備が一部出来上がった同14年ごろから、海岸に打ち上がった流木や空き缶などを拾い集める活動を始めた。近所の人の話では、がんじきを手に奉仕している姿を毎日のように目にするという。
 特に作業量が増えるのが夏場。台風で多量のごみや海藻が岸辺に打ち寄せるほか、心ない観光客がバーベキューや花火の燃えかすを散らかして帰ることがあるからだ。夜明けと同時に活動を始め、暑くなると休憩。午後に再び掃除する日々が続く。せっかくきれいにしても、次の台風で新たなごみが打ち上げられる。それでも、網家さんは黙々と奉仕を続ける。
 同海岸では毎年7月下旬、坂越小学校の6年生児童が生島まで泳いで往復する海洋訓練が行われる。「母校の児童が気持ちよく泳げるように」と網家さんは訓練前、特に念入りにごみを拾い集める。
 活動を始める前と終わった後にコーヒーで一服するのが何よりの楽しみという網家さん。「やりがいを持って、これからも掃除を続けます」と誓いを新たにしている。
 昭和51年度に始まった同表彰はこれまで通算618の個人・団体が選ばれた。今年度は網家さんを含む2個人と5団体が表彰を受けた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年7月4日(2142号) 1面 (10,998,848byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←匿名(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合