忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

大石神社で特別展「内蔵助とその一族」

 2014年11月01日 
大石内蔵助が自ら意匠したといわれる木盃
 赤穂義士四十七士を率いた大石内蔵助良雄(1659−1703)とその一族について、関連の書状や遺品などで系譜をひもとく特別展が上仮屋の赤穂大石神社(飯尾義明宮司)で11月3日(月・祝)に開幕する。同神社の特別展は討ち入り300年記念の平成14年以来。普段は公開していない宝物を拝観できる貴重な機会になりそうだ。
 同神社によれば、大石家は平将門を討伐した藤原秀郷を祖とする小山氏の流れを汲むといわれ、その一族が近江栗太郡大石庄(現在の滋賀県大津市の南部)の下司職だったことから大石姓を名乗るようになったという。戦国時代には守護・六角氏に仕えて織田信長に滅ぼされるが、「中大石」「新大石」「南大石」の3家で再興。内蔵助は新大石家の子孫だという。
 同神社は、赤穂義士の吉良邸討ち入りを陰で支えた大石無人(むじん)・三平親子の弘前大石家が昭和42年に奉納したものをはじめ少なくとも500点以上に及ぶ史料を所蔵。今年が内蔵助生誕355年、史料奉納47年に当たるのを記念し、「大石内蔵助とその一族」と題して特別展を開くことにした。
 内蔵助が討ち入り9カ月前の元禄15年3月に舅の豊岡藩家老、石束源五兵衛へ宛てた自筆書状には妻りくを4月15日ごろに豊岡へ出立させる旨が書かれており、忠臣蔵で名場面として描かれる「山科の別れ」がこのころだったとうかがわせる。同志の向背を確かめるために起請文の返却を指示した「連判返しの書状」、討ち入りで使用したと伝わる采配と軍扇など元禄赤穂事件に直接関わりのある史料のほか、内蔵助が描いたとされる馬の墨絵、自ら意匠したといわれる木盃なども並べる。
 佐々木義弼(よしすけ、六角義治)が大石家の3人に与えた感状(部下の戦功を賞して出した文書)は同家がかつて近江国の国人であったことを示し貴重。弘前大石家に伝来した大石家の系図、同家の祖・八郎兵衛が主君の浅野長重から拝領した甲冑と具足下着、義士研究家でもあった赤穂出身の画家・長安雅山(ながやす・がざん、1875−1963)が史実に基づいて描いた義士画など多種多様な57点で、うち23点は初公開だという。
 吉良邸の茶会が12月14日に行われることを羽倉斎(はくら・いつき、荷田春満)が三平に知らせた書状、四十七士の一人の大石瀬左衛門が討ち入り出陣に際して使ったとされる福寿土器なども紹介。飯尾宮司は「討ち入りを成功に導く一因となった大石一族の固い絆と結束も展示を通して感じてほしい」と話している。
 同神社義士宝物殿と同別館で来年3月14日(土)まで午前8時半〜午後5時。拝観料450円(中学生以下無料)。図録(A4判42ページ)は600部発行し、一部1000円で頒布する。Tel42・2054。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2014年11月1日(2110号) 1面 (11,736,104byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎で熊1頭の出没情報 警察が注意呼び掛け←クマさん(04/22)
  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←赤穂市民(04/22)
  • 御崎で熊1頭の出没情報 警察が注意呼び掛け←マタギ(04/22)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警