忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

忠臣蔵オーディオ劇が聴衆魅了

 2012年12月11日 
市民キャストの熱演が好評をだったオーディオ・ドラマ「大石内蔵助」
 忠臣蔵を台詞とBGM、効果音だけで演じるオーディオ・ドラマ「大石内蔵助」が10日と11日、塩屋の真光寺本堂で初演。公募で集まった市民キャストの熱演が聴衆をひきつけた。
 堀部安兵衛の生誕地、新潟県新発田市出身の脚本家、杉山義光さん(69)が「忠臣蔵ウイーク」の趣旨に賛同して無償協力。同じく脚本家としてテレビ、舞台などで活躍した兄の故・義法さんが手掛けたシナリオを原作に台本を書き下ろした。
 出演者の稽古期間は2カ月足らずだったが、杉山さんの演出指導で急速に上達。当初は棒読みだった台詞に感情がこもるようになった。本番は満席の聴衆にも臆することなく、どの出演者も個性豊かに配役を演じきった。
 大石内蔵助役を任された加里屋の金礪正和さん(59)は重厚なボイスで聴衆を魅了。「緻密で大胆、忍耐強い内蔵助を表現したかった。楽しい仲間と舞台を作ることができ、充実感でいっぱい」とほおを緩ませた。2日間とも来場した尾崎の児島正幸さん(62)は「目を閉じて耳を傾けると、情景がまぶたに浮かんだ。テレビや映画とはひと味違う忠臣蔵が楽しめました」と出演者へ拍手を送っていた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2012年12月15日(2018号) 1面 (8,430,878byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警