忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア街ネタ読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】人助けの親切な男性は?

 2008年03月01日 
 「転んでケガをした母を病院に運んでくれた人にお礼が言いたいのです」と松原町の古江茂晴さん(67)が本紙を訪れた。
 古江さんの話では、2月23日(土)の午前10時ごろ、90歳の母こつるさんが加里屋の路上で転倒し、額を切った。スーパーの買い物袋で両手がふさがっていたところに雨が降り出し、バランスを崩したものとみられる。
 出血で気が動転していたところ、通りがかった男性が車で市民病院の緊急外来へ搬送。男性はこつるさんを看護師に引き継ぐと、「車を玄関に止めたままだから」とその場を立ち去ったという。
 こつるさんは傷口を3針縫ってその日のうちに帰宅。快方に向かい、10日ほどで抜糸できる見込みという。
 「病院まで送ってくれたおかげですぐに治療を受けることができた。助けがなかったら、もっとひどいケガになっていたかもしれない」と古江さんは男性に感謝。こつるさんは男性の名前を聞いておらず、「一言お礼を伝えたいのでぜひ連絡してほしい」と話している。
 ケガをした当日、こつるさんは白い上着に黒いズボン、ねずみ色の帽子をかぶっていた。心当たりの人は古江さんTel43・4575まで。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年3月1日(1782号) 3面 (8,753,095byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←不衛生とは?(12/01)
  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←保護者(11/30)
  • 犯罪抑止へ年末特別警戒 赤穂署で発隊式←ねろ(11/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合